• ダイヤモンドの価値を決める 4C

    4Cとは、ダイヤモンドの品質等を評価する4つの基準要素
    「Carat(カラット/重量)」
    「Color(カラー/色)」
    「Clarity(クラリティ/透明度)」
    「Cut(カット/形)」
    のことで、すべて頭文字に“C”がつくことからそう呼ばれています。
    専門家は、4Cによりダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に判定します。
    一般的に4Cの各項目のグレードが上がるほど稀少性が高く、価値が高いとされます。

  • 4C
Carat カラット

カラットは「重さ」を表す単位です。「大きさ」ではありません。
1ct(カラット)= 0.2g で、重くなればなるほど希少価値が高くなります。
原石の大部分は1ct未満の小さなものばかりで、カットするとさらに小さく軽くなります。
大粒の原石はとても稀少で、大きく重いほどその価値は上がっていきます。

カラット

2.0ct

1.0ct

0.7ct

0.5ct

0.4ct

0.3ct

0.2ct

重量

0.4g

0.2g

0.14g

0.1g

0.08g

0.06g

0.04g

Color カラー

ダイヤモンドは無色透明なものは大変希少で、ほとんどはわずかに色がついています。
そのため、無色透明に近くなるほど高く評価されます。
ダイヤモンドの色が黄色になればなる程、希少性は下がります。
しかし、ある一程の黄色味を超えると、ファンシーカラーとして評価されます。
ファンシーカラーにはイエローのほか、ピンク、ブルー、グリーンなどがあります。

D E F

G H I J

K L M

N ・ ・ ・ Z

完全に無色透明

無色

わずかな黄色

薄い黄色・・・黄色

Clarity クラリティ

クラリティは「透明度」を表す基準です。
キズ・欠け、内包物(インクルージョン)の大きさ・場所・性質などにより評価されます。
包有物が多いと透明度が下がり、その分、輝きを損なってしまうので、
透明度が高いほど評価も高くなります。

FL

IF

VVS

VS

SI

I

1

2

1

2

1

2

1

2

3

10倍の拡大で
無傷

10倍の
拡大で
微小な
表面の欠点

10倍の
拡大で
発見困難な
欠点

10倍の
拡大で
発見が
多少困難な
欠点

10倍の
拡大で
発見が
容易、
肉眼では困難

肉眼で
容易に
発見できる

Cut カット

カットのプロポーションや角度が良ければ、
ダイヤモンドが持つ輝きをより引き出すことができます。
他の3要素はダイヤモンドが生まれつき持つものであることに対して、
カットは唯一、人の手で加えられる要素です。
カット技術の高さにより、ダイヤモンドの価値が左右されます。

Excellent

VeryGood

Good

Fair

Poor

最上級品
光学的に理想

理想的

良好

やや劣る

劣る

3EX(トリプルエクセレント)

3EX(トリプルエクセレント)とは、
プロポーション・対称性・研磨の3項目すべてが
ECELLENTの評価を受けたダイヤモンドです。

H&C(ハートアンドキューピッド)

H&C(ハートアンドキューピッド)とは、
専用のスコープで覗くと、上部からはキューピッドの矢、
下部からはハート型が見られるダイヤモンドを指します。
プロポーションと対称性が特に優れている証と言え、
入ってきた光を理想的に屈折させて強い輝きを放ちます。

カットの種類

一般的なラウンドカットのほか、様々な形のカットがあります。
代表的なダイヤモンドのカットの種類をご紹介いたします。

  • ラウンドブリリアントカット
  • オーバルブリリアントカット
  • ペアシェイプブリリアントカット
  • マーキースブリリアントカット
  • プリンセスカット
  • エメラルドカット
  • ハートシェイプブリリアントカット